« Patisserie et cafe "Plaisir"(西太子堂) | トップページ | 金子美明シェフ×荻野伸也シェフ@Plasir des sens »

2010年11月16日 (火)

金子美明シェフ@Plasir des sens

東急フードショーで行なわれているイベント”プレジール・デ・サンス”の三日目、四日目はパリ セヴェイユの金子美明シェフの単独の日で、僕は三日目の土曜日に行きました。

Img_2689_2_c



Img_2693_2_c
一皿目は、”サンギーヌオレンジで軽くオーブン焼きした無花果 泡立てたハイビスカスの軽いソース”(1301円)です。
バニラの香りのパンナコッタ、無花果のロティ、オレンジサンギーヌとセージのソース、ハイビスカスとフルーツティの泡という構成です。
金子さんらしい組み合わせで、爽やかで美味しかったです。


Img_2697_2_c
合間に食べる焼き菓子も付いていました。


Img_2701_2_c
海外の無花果のお菓子を真似して作ったそうですが、本家を超えてしまってるでしょうね(笑)。



Img_2721_2_c
二皿目は”マンゴーのフィアンティーヌ、ジャスミンの泡とジュレ”(1301円)です。


Img_2724_2_c
ジャスミンの泡にライムの皮がかかっていて、ライムの香りが広がります。手前はライムのグラニテです。


Img_2727_2_c
断面です。ちょっと分かりづらいですが、マンゴーのジュレで作ったディスクの中にジャスミンのジュレとクリーム、クランブルが入っていて、その上にマンゴーをスライスしたものが載っています。
こちらも爽やかな組み合わせで美味しかったです。



Img_2743_3_c
三皿目は”りんごのジュレとマロンのスープ、ノワゼットのムラングシャンティー”(1301円)です。

Img_2739_2_c
底にリンゴのジュレ、フランス産の栗を使ったスープが上に入っています。
栗とリンゴの組み合わせって今まで食べたことがなかったんですが合いますね♪

Img_2740_2_c
ノワゼットのメレンゲとシャンティー、パンデピスのスティックが添えられていました。

こちらのデセールも美味しかったです。

今回は一人で3皿余裕で食べられたと思っていたら、金子シェフが「皆さん3皿召し上がるので、軽くしました」とおっしゃってました(笑)。


今回も非常に満足した金子シェフのデセールでした♪

よろしければ→人気blogランキング←へ投票お願いします!

« Patisserie et cafe "Plaisir"(西太子堂) | トップページ | 金子美明シェフ×荻野伸也シェフ@Plasir des sens »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Mail

  • 私にご連絡、ご質問等ある方はこちらへメールを送ってください。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ