« 8月のお菓子@Patisserie Paris S'eveille(自由が丘) | トップページ | Lilien Berg(新百合ヶ丘) »

2010年8月30日 (月)

Acacier Salon de the(浦和)

住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂4-4-19
TEL:048-764-8146
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜日

アップするのが遅くなりましたが、8月上旬にようやくアカシエ・サロン・ド・テに行って来ました。

Img_1586_c
飲み物はせっかくなので、ディアボロ・アントワネット(600円)にしました。
赤スグリ、バラジャム、炭酸水です。思っていたより甘さを抑えてあり美味しかったです。

Img_1581_2_c
ブリュレとグラニテをサンドした”サヴァランバーガー”ココナッツのグラス添え(1100円)です。
ラム酒のシロップに浸したサヴァラン、柑橘系のクレームブリュレ、ラム酒のグラニテ、パイナップルのロティ、ココナッツのアイスクリーム、ココナッツのメレンゲという構成です。

サヴァランですが、それほどお酒を強く感じなくて、僕でも全く問題なかったです。
構成が素晴らしくとても美味しかったです。お薦めです。

Img_1590_2_c
バラの香りの桃のコンポート、ペーシュ・メルバ風(1150円)です。

バラの香りを付けた桃のコンポート、桃とバラのグラニテ、ヨーグルトとバニラのアイスクリーム、ヨーグルトとフロマージュ・ブランとバニラのパンナコッタ、バラのクレーム・シャンティという構成です。

バラの香りが付いていますが、桃を引き立てるように軽く付いているので嫌な感じはないです。桃はコンポートですが、フレッシュさは残ってます。構成が良く美味しかったです。


Img_1593_2_c
マカロン・グラッセ(800円)です。
ピスタチオのアイス、パッションとバナナのソルベ、グロゼイユとバラのソルベをマカロンでサンドしてあります。普通に美味しかったです。


Img_1596_2_c
ブリオッシュのパンペルデュ、ラムの香りのバナナソテーとキャラメルソースがけ(1000円)です。

ブリオッシュのフレンチトースト、ラム酒でフランベしたバナナソテー、くるみ入りキャラメルソース、ハチミツ酒のアイス、煮詰めたバルサミコ酢のソースという構成です。

見た目以上にボリュームがありますが、美味しかったです。ただ、バルサミコ酢のソースがちょっと酸味が強すぎる気がしました。

Img_1602_2_c
本日のタルト(840円)です。すみません、何のタルトか忘れました(^-^;

Img_1605_2_c
ティラミス(700円)です。
深煎りのエスプレッソコーヒーが染み込んだビスキュイ、マスカルポーネのクリーム、アマレットのジュレという構成です。

フランス菓子屋なのにティラミス?と思ったんですが、興野シェフによるとフランスでは、ビストロなどで普通にメニューにあり、馴染みのデザートなのだそうです。
エスプレッソの香りを活かすためにはテイクアウトではなくデセールで出して、すぐに味わってもらうのが一番ということで、サロンでどうしてもやりたかった一品ということでした。
美味しかったです。

カウンターだとシェフの話を聞きながら食べられるのでいいですね。今回も興野さんの熱い語りを聞けて良かったです。

よろしければ→人気blogランキング←へ投票お願いします!

« 8月のお菓子@Patisserie Paris S'eveille(自由が丘) | トップページ | Lilien Berg(新百合ヶ丘) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Mail

  • 私にご連絡、ご質問等ある方はこちらへメールを送ってください。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ