« D'eux Patisserie-Cafe(都立大学) | トップページ | LA VIEILLE FRANCE本店(千歳烏山) »

2010年5月 2日 (日)

Patisserie Chocolaterie Ma Priere(三鷹)

マ・プリエール(HP)

住所:東京都武蔵野市西久保2-1-11
TEL:0422-55-0505
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休(お店のHP内のブログにお休みの情報が記載されるのでご確認下さい)

記事が前後しますが、co-ttieに行った時にマ・プリエールにも行きました。

Img_0289_2_c
和栗モンブラン(520円)です。


Img_0294_2_c
断面です。熊本産の栗のペーストは柔らかく普通の甘さです。生クリームは甘さ控えめで、熊本産の大きな栗の渋皮煮が1個入っています。渋皮煮の下にもマロンペーストがあり、その下にパイ生地です。土台もパイ生地で、その底に愛媛産栗のペーストが敷いてあります。

ここまで詰め込んだモンブランも珍しいですが、やはり詰め込みすぎかと思います。
少なくとも中に入っているパイ生地は要らないと思います。午前中に頂いたので、サクサクの状態でしたが、夕方とかだと湿気ている状態になっている気がします。

上のマロンペーストの量は少ないですが、大きな栗渋皮煮や、パイ底のマロンペーストがあり、栗を十分感じられ、それらパーツはなかなか美味しいだけにもったいないと思いました。


Img_0291_2
マ・プリエール(450円)店名と同じ名前なので食べてみました。

Img_0296_2_c
断面です。苺風味のホワイトチョコムースの中にレモンクリームと苺のジュレが入っています。
店名が付いていたので期待したのですが、普通でした。

今回頂いたのはイマイチでしたが、他にも気になるケーキがあったので、そのうち再訪したいと思います。
ちなみにイートインスペースありますが、通り側で、店内の方が低くなっているので、かなり見られます(^-^;

よろしければ→人気blogランキング←へ投票お願いします!

« D'eux Patisserie-Cafe(都立大学) | トップページ | LA VIEILLE FRANCE本店(千歳烏山) »

コメント

こんにちは。

こちらのお店のモンブランは食べたことありませんが、中のパイ生地が不要かな、というのは何となくわかるような気がします。
パイ生地はパリパリ&サクサクが美味しいけれど、なめらかな食感のモンブランの場合、相性が難しいですよね。オークウッドの横田氏のパリパリモンブランやToshi Yoroizuka氏の洋栗モンブランは、やっぱりパータ・フィロの使い方が絶妙だなぁ…と改めて感じます。

これから、モンブランがキビシイ季節…淋しいです(^^;。

>Fueさん
こんばんは!
そうなんですよ!仰るとおり、なめらかなモンブランにはサクサクのパイ生地はあまり相性は良くない気がするんですよね。
そういった意味ではオークウッドやヨロイヅカのモンブランのパータ・フィロは上手いですよね~。

そうなんです。モンブランが厳しい季節となってきました(^-^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« D'eux Patisserie-Cafe(都立大学) | トップページ | LA VIEILLE FRANCE本店(千歳烏山) »

Mail

  • 私にご連絡、ご質問等ある方はこちらへメールを送ってください。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ