« パティスリー サダハル・アオキ(有楽町) | トップページ | ルノートル(横浜) »

2007年2月 4日 (日)

リュードパッシー(学芸大学)

リュードパッシー

住所:東京都目黒区中央町2-40-8
TEL:03-5723-6307
営業時間:9:30~19:30
定休日:水曜日

以前から行きたかったリュードパッシーにようやく行って来ました。
駅から5分ほどの駒沢通りに店舗があります。

生ケーキ、焼き菓子、チョコレートなどが販売されており、生ケーキは400円前後と
23区内にしては珍しく良心的な価格設定です。
売り場と厨房の壁には大きめの窓がとってあるので、長島シェフの姿を拝見する事ができます。

Dsc04809
モンブランです。マロンペーストはフランス産栗と和栗のブレンドですが、両方の良いところを生かした配合具合で、重くなく栗の味もちゃんとします。フォークを入れるとちょっと崩れやすく甘めなのが特徴です。

Dsc04823
断面です。生クリームは無糖だと思われます。渋皮煮片が入っていて、その下にカスタードが入っています。
土台はアーモンドの生地でした。

全体としては小さい割には程よいボリュームで美味しかったです。

Dsc04812
シェフ自信作のバルザックです。コーヒーとチョコのムースにコーヒー風味のメレンゲが載っています。コーヒーの苦味が利いていて甘さを抑えていて美味しかったです。

Dsc04817
冬季限定のラ・テールです。中に入っているのは金柑です。ケーキに金柑を使っているのは珍しいと思います。
全ての層を一緒に食べると金柑の味が口の中に広がります。金柑の味がチョコに完全に勝っているのが意外でした。チョコを弱めにしているのかもしれません。
こちらも美味しかったです。

今が旬の苺のショートケーキなど他にも食べたいのがあったので、近いうちにまた行ってみたいと思いました。

よろしければ人気blogランキングへ投票お願いします!

« パティスリー サダハル・アオキ(有楽町) | トップページ | ルノートル(横浜) »

コメント

行ったんですね。ここの金柑はシェフが自分で丁寧にコンポートしていて、すごく手間がかかっているそうです。その割には値段も安くて。いいお店ですよねー。

はい。行って来ました!
おぉ金柑はシェフ自らコンポートしているんですか。それだけ重要ってことなんでしょうね。
ホントケーキと値段を見比べると美味しいケーキを手頃な価格で楽しんでもらいたいというシェフの心意気が感じられますよね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リュードパッシー(学芸大学):

« パティスリー サダハル・アオキ(有楽町) | トップページ | ルノートル(横浜) »

Mail

  • 私にご連絡、ご質問等ある方はこちらへメールを送ってください。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ